市の橋柊

市の橋柊

Gari

Add to favorite

Design description

【いちのはしひいらぎ】柊紋。 民間信仰の行事を家紋化したものに近江・西大路の市橋柊紋がある。これは節分のイリ豆を組合せた数ある紋章中、行事をデザイン化したものとして稀にみる紋章である。紋章のデザインは通常クライアントから染物屋に発注され下職の上絵師(デザイナー)というルートで作られる。この紋章の場合クライアントの藩主が「常識的な柊の葉だけでは月並みである故節分の豆を」と藩御用の染物屋に特命、デザイナーは数種のプレゼンテーションを提出やっとこの市橋柊紋が決定したという(伊藤幸作著「紋章 天地・草木」)

Report this Design