正親町連翹

正親町連翹

Gari

お気に入りに追加

デザインの説明

【おおぎまちれんぎょう】連翹紋。この図案は主に「紋典」を参考に作図した。/連翹紋は公家では藤原公季流の出である正親町三条および姉小路の二家がこれを用い、武家では同出である千葉氏がまたこれを用いた。連翹を紋章に選んだ意義は、まだ明らかではないが、恐らく尚美的意義に基づいたものであろう。(沼田頼輔著「日本紋章学」参考)

このデザインを通報する