中村座

中村座

Gari

お気に入りに追加

デザインの説明

隅切り角に銀杏鶴【すみきりかくにいちょうづる】銀杏紋 本図案は、宝島社「家紋と名字」に掲載されている歌川広重画「東都繁栄の図」の中村座芝居小屋の櫓に描かれたものを参考に作図(2014/9/20)した。 中村勘三郎の・・もともとの家紋は「丸の中に舞鶴」だったが、5代将軍・徳川綱吉が愛娘の名である鶴の文字やデザインの使用を禁じたため、翼を広げる鶴に形が似ており、さらに末広がりの扇に似て縁起が良さそうな銀杏の意匠が代わりに選ばれた(宝島社「家紋と名字」)

このデザインを通報する