丸に梅鉢

丸に梅鉢

Gari

お気に入りに追加

デザインの説明

【まるにうめばち】梅紋。梅紋の中では最も使用例が多い。(高澤等著「家紋の事典」)/梅鉢の名は、・・初めから梅花を象ったものであるのは明らかで、けっして太鼓の桴(ばち)を梅花の形に配列したものではあるまい。ただその形状が写実的でなくなり、著しく幾何学式となり、偶然この形状が、ちょうど太鼓の桴に似ていたことから、この俗称を受けたものであろう。(沼田頼輔著「日本紋章学」)

このデザインを通報する