丸に千鳥

丸に千鳥

Gari

お気に入りに追加

デザインの説明

【まるにちどり】千鳥紋/千鳥は、群集して波の上に浮かび、その形態が優雅なので、文様として用いられ、藤原時代から鎌倉時代にわたって、衣服、調度、器具などの文様として使われたので・・・紋章は、この文様から移ったもので、思うに、尚美的意義に基づいたものであろう。(沼田頼輔著「日本紋章学」)

このデザインを通報する