八咫烏

八咫烏

Gari

お気に入りに追加

デザインの説明

【やたがらす】烏紋 烏紋を用いるものは、紀伊熊野の神官から出た鈴木氏、もしくはその後裔に限られていたのをみると、明らかに烏が、古来熊野権現の神使と称されたことによるもので、いわゆる信仰的意義に基づいたものである。そもそも、烏を熊野の神使としたのは、その由来は極めて古く、神武天皇が熊野から大和に攻めのぼったとき、霊夢によって八咫烏を先導とされたと記紀にある。烏を熊野権現の神使としたのは、これに起因するのである(沼田頼輔著「日本紋章学」)

このデザインを通報する