近衛牡丹 18世紀

近衛牡丹 18世紀

Gari

お気に入りに追加

デザインの説明

【このえぼたん】牡丹紋。 この図案は新人物往来社「日本紋章大図鑑」の裏表紙に掲載されている「十八世紀に用いられていた近衛牡丹の写し」を参考に、私の解釈を加味して左右対称にして作図(2015.11.9)した。ちなみに、沼田頼輔著「日本紋章学」の牡丹紋の項に『伊達家文書』所蔵「近衛牡丹」が掲載されており、それは3cmに満たない小さな写真の為に細部が鮮明でないものの、この写しとかなり酷似している。 さて、近衛家の牡丹紋は、十一世紀頃に、祖先が用いた衣服の模様より興ったとされる。昔の中国では、牡丹を百花の王とした(「日本紋章大図鑑」より)

このデザインを通報する