洲浜

洲浜

Gari

お気に入りに追加

デザインの説明

【すはま】洲浜紋。(州浜、須浜とも表記される) 松代眞田家の副紋でもある。定紋は「眞田六文連銭」(福井万次郎著「定紋の研究」)/「六連銭」と並んで「州浜」「結び雁金」の家紋も、海野時代からの伝承をそのまま、江戸時代真田家替紋に残った。「雁金」はとくに重野一族の紋にひろく使われた(高橋賢一著「大名家の家紋」)/洲浜紋は、洲浜台を象った紋である。・・藤原時代にいたって、慶賀の式を行うときに、この洲浜を作ることが、ほとんどきまった行事になった(「日本紋章学」)/真田家の場合も、洲浜紋は慶賀の行事に使われた模様。 本図案は「紋典」「定紋の研究」「大名家の家紋」を主に参考に作図した。なお、「平安紋鑑」の洲浜は中央上の円形が本図案より一回り大きい。

このデザインを通報する