丸に隅立て四つ目の作図

丸に隅立て四つ目の作図

Gari

お気に入りに追加

デザインの説明

定規とコンパスで作図する伝統手法を踏襲しつつPCで作図。 まず垂直線と水平線を引き、その交点を中心とした基本円(中央の円)を描くとこの円が四等分される。次にこの四等分点の各点にコンパスの中心を置き、同じ半径で円を四つ描くと隣接する円との交点が四か所できるので、対角線上の二点を通過する直線を計二本引く。基本円はこれで八等分される。これを八つ割りという。 八つ割りされた円を基に、隅立て四つ目を作図。丸の太さは紋のサイズの1/9程度を目安として描く。

このデザインを通報する