五つ菱の十割作図

五つ菱の十割作図

Gari

お気に入りに追加

デザインの説明

伝統的な紋割り、十割を踏襲して「五つ菱」をコンパスと定規で作図する手法をPCで行ったもの。 作図後に五つ菱を構成する一つの菱の形状(菱の高さ)が、本来の菱形であるか、伝統的な菱形であるかを検証してみたところ、伝統的な菱形であった。さらに厳密にいえば、紋帖の「菱の割り」と「泡坂式の菱の割り」のほぼ中間であった。このことから、五つ菱を構成する一つの菱の形状が、伝統的な菱を代表する美しい菱の姿だと言えそうである。もっとも、これはPC画面を拡大して重箱の隅をつつくような検証した結果であって、本来の家紋サイズレベルでは紋帖式も泡坂式も区別はつかないと思う。

このデザインを通報する