著作権について

登録するコンテンツ(データ、文書、写真、画像、文字など)については著作権や商標権等に十分注意してください。基本的に漫画のキャラクターなどは著作権、企業のロゴなどは商標権があり、勝手には使用できません。これらを使用したことによるトラブルにつきまして、株式会社SKIYAKIは一切責任を負えませんのであらかじめご了承下さい。

SKIYAKI GOODSのサービスをご利用いただくうえで、どこまでが著作権や肖像権の侵害にあたるかはよくわからないという方も多いと思いますので、調査した範囲ですが、著作権の取り扱いおよび注意点を列挙します。

歌の歌詞やフレーズについて

歌の歌詞の長い短いに関わらず、その歌の歌詞とわかる範囲で作者の許可が必要だそうです。作者の許可が得られた後にJASRACが管理している楽曲についてはJASRACへ届けるようです。ただし、著作者が自由に使っても良いと言うことであれば、届ける事も使用料も支払う必要は無いそうです。これは個人使用であっても許可が必要だそうです。

有名タレントのアイコラやパロディのデザインについて

ファンがタレントを傷つけず、本当に応援してくれていると思えば、黙認したり、時には応援したりしているそうです。本当は使用不可ですが、ファンとして応援していただいているのなら、許諾する事もあるかもしれないようです。すべてのタレント事務所が同じというわけではないかもしれませんが、ファンとしてやはり堂々と「こういうことをしたい」という思いを一言事務所に問合わせしてみてはいかがでしょうか?仮に、もしそこで使用不可と言われたとしたら、何処までなら良いのかを聞いてみると良いと思います。

(C)マークが入った物について

(C)マークは著作権をアピールするための物で原則的に(C)マーク付きの物は著作者に許可を取る必要があるそうです。かといって(C)マークが無ければ良いかとなるとそうでもなく、実際には著作物となる物は全て著作者に許可を取るのが無難ですのでSKIYAKI GOODSにコンテンツを登録する場合は事前に著作者に許可を得てください。

Rマーク、TMマークが入った物について

商標登録されている物にはRマークがついており、登録商標の申請中もしくは申請しない商標にはTMマークがついています。よって全てのRマークがはいったものは使用できません。

キャラクターについて

ミッキーマウスをはじめとした沢山のディズニーキャラクターやスヌーピー、キティちゃん等々有名なキャラクターは沢山あります。キャラクターは、キャラクターのライセンスを持っている方の貴重な財産です。使用許諾が無ければ登録できません。マイナーなキャラクターの場合でも必ず著作権を所有している元に使用許諾申請が必要です。

肖像権について(人物写真等)

日本の法律では肖像権についての法文は無いそうですが、判例が出ており人間には全て肖像権がありますので、人物を特定できる写真等などは全て本人の許可を得たうえで登録してください。

動物の肖像権について(動物写真等)

例えば犬猫に限らず動物自身には肖像権はありませんので、動物を自分で撮影した写真を登録するのは可能です。ただし人が撮影した写真は、当然ですが撮影した人に著作権がありますので著作者の許可が必要になります。また、有名な犬になるとパブリシティー権というのが発生するのでこれらの写真等を勝手に使用する事はできません。有名な犬の場合は飼い主に許可が必要とのことです。

似顔絵の場合

似顔絵はまず似顔絵を書いた本人に著作権がありますのでこれを使用するのは問題無いようですが、当人であると間違いなくわかる似顔絵の場合まず名誉毀損にならない事に注意する事と、販売目的でないという事が重要だそうです。念のため確認を取るほうが無難と思います。

ポスターやチラシなどについて

自分でスキャンして自分で使用するのはセーフのようですが、例えば他人に配ったりするのは無料であっても使用不可だそうです。こういう場合許可を取る事をお勧めします。自分で使用といってもその中にライセンスが絡んだキャラクターが入っているものは使用不可だそうです。